2008年7月27日日曜日

九州の旅・高千穂峡(宮崎県)

takachiho1.jpg

takachiho2.jpg

takachiho3.jpg

takachiho4.jpg

takachiho5.jpg

takachiho6.jpg

takachiho7.jpg

先週は夏休みを取って九州を旅してきました。熊本空港に降り立って、高千穂~阿蘇~くじゅうをレンタカーで回って、大分空港から帰阪するという2泊3日の旅でした。暑い盛りではありましたが、阿蘇周辺は涼しく、また、温泉も非常に心地よくずいぶんとリフレッシュできた気がします。
こちらは宮崎県の高千穂峡の写真です。県北西部にあるこの峡谷は国の天然記念物に指定されている有名な場所です。最近の東国原(そのまんま東)ブームで宮崎県がクローズアップされていることもあって、名前を知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に「真名井の滝」の写真は各種メディアでも紹介されていて、その美しい姿は全国区になりつつあります。私たちが訪れた時は豪雨の後だったため、増水して水が濁ってしまっています。また、滝の周辺までボートで近付けるのですが、残念ながらこの日は増水の影響で貸ボートは休止になっていました。ただ、それでも高く切り立った峡谷や無骨な岩、その中にある滝の優美さは楽しむことができました。夏の暑さの中、美しく涼しげな滝の様子は都会の喧騒を忘れさせてくれるには十分な存在感でした。また来る機会があったらいいなぁと思わせてくれる場所でした。(^^)

2008年7月2日水曜日

関宿(三重県亀山市)

seki1.jpg

seki2.jpg

seki3.jpg

seki4.jpg

seki5.jpg

seki6.jpg

関宿は東海道の宿場町として栄えたところで、現在は古い町並みが保存されています。私たち夫婦+犬のさくらはゴールデンウイークに道の駅めぐりをしました。奈良~三重方面に出かけたわけですが、その途上で道の駅・関宿にも立ち寄りました。道の駅から約5分ほど歩いたところに写真の古い町並みがあります。雰囲気のある建物が多く、それでいて民家の生活感もあります。なかなか素朴で散策するには良い場所でした。
亀山市といえば、最近ではSHARPの液晶テレビの「亀山ブランド」が有名ですが、こういう歴史的な名所もところどころにあるみたいですね。

【三重県亀山市「関宿」  カメラ:Nikon D80】